九州中央リハビリテーション学院 ホームページへ
リンク お問い合わせ 資料請求
KCR-Style

Entries

KCR 研修会 =菅本先生=

九州中央リハビリテーション学院 研修会委員会の主催で研修会を開催しました。同窓会にも協賛をいただいています。
KCRKSK8.jpg
「骨関節の形や動きから見た肩関節の不思議」をテーマに、
講師に 菅本 一臣 先生 (写真中央)
 (大阪大学大学院 医学系研究科 運動器バイオマテリアル学寄附講座教授)
をお招きいたしました。

KCRKSK1.jpg
当学院で講義に活用しているアプリ「teamLabBody-3D Motion Human Anatomy-」を監修されています。
アプリの詳細はこちらから・・

学院で使用している様子はこちらから・・(オープンキャンパス動画の一部です)



KCRKSK5.jpg
リハビリテーションにおける理学療法や作業療法の基本となる訓練に関節可動域訓練と筋力増強訓練があります。
関節可動域訓練ではその手技の良否は可動域を獲得するうえで非常に重要な要素といえます。
手技を身に着けるためには、基本となる骨関節の3次元的動きを十分に理解することが必要です。
しかし骨関節の3次元的な動きは生きた人間では皮膚におおわれているために直接観察することができない。

KCRKSK3.jpg
菅本先生の確立した解析システムによって、生体内での関節動態と屍体を用いた研究との違い、
個人間により骨形態が様々であるにもかかわらず、規則性ある動態の存在を明らかにされています。

KCRKSK4.jpg
解析システムにVR技術を加え、生体に画像を重ね合わせることで関節運動をよりイメージして治療できます。
感と経験に基づく治療体系を科学的根拠のもとに確認することができれば、リハビリテーションの方法を大きく変えうる可能性があるといわれています。

KCRKSK6.jpg
解剖学の基礎から最先端の手術まで幅広くご講演頂きました。
菅本先生 貴重なご講演ありがとうございました。


Appendix

プロフィール

kcr

Author:kcr
熊本市本山3丁目にある看護師、作業療法士、理学療法士、介護福祉士の養成校です。

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索